緑萌会とは?

 緑萌会は、第2代校長、青柳先生からの呼びかけで、2年の準備期間を経て平成11年6月に設立いたしました。

 それまでは、卒業生の保護者が、生徒の卒業時に、学校へ記念品を寄贈することが慣習として行われていましたが、それを止め、代わりに経済的事情により学業を存続できなくなった生徒の救済(奨学金制度)や、法人会計では対処しにくい即時性と柔軟性を必要とする教育活動への援助に形を変えることを柱にして、卒業生の保護者による後援会である「緑萌会」を設立するに至りました。

 会の運営は、卒業生の保護者の方からお預かりした卒業記念品代に代わるものとして、いわゆる「会費」と、卒業生の保護者の皆様や先生方から寄せられる「寄付金」で成り立っています。

このページに関するお問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2006 神奈川大学附属中高等学校卒業生父母会 緑萌会 All Rights Reserved.